春先の気温変化による風邪に注意しましょう

春先の体調不良といえば花粉症ですが、気温変化による風邪にも注意が必要です。
3月になると暖かい日が増えてきます。
春先は雨が降るごとに気温が上がっていくと言われていますが、必ずしもそうとは限りません。
春の気温差でいちばん多いのは、数日ごとに暖かい日と寒い日がやってくるパターンです。
また日中は暖かくても、夜中や早朝は相変わらず冷えますので着る物には注意が必要です。
3月になると店頭に防虫剤が並び始めますし、主婦の方は中旬になると衣替えが気になると思いますが、冬物をクリーニングに出すのは少し待ったほうがいいです。
特に桜の開花時期は夜の寒さが予想以上なので、夜桜を見に行く時はコートが必須です。
この時期は昼間の暖かさに慣れてくるので、気温差で風邪を引くことが多くなります。
いくら寒くても春にコートは着たくないという人は、中綿が入っているジャケットを着るのがおすすめです。
中綿は薄手でも保温性が高く、風邪を予防することが出来ます。ミュゼ 金額